ページの先頭です

ハンギングバスケットコンテスト受賞作品 

ハンギングバスケットコンテスト受賞作品 

厳正なる審査の結果、受賞作品が決定しました。
令和3年5月5日(祝)まで園内に展示中です。 

受賞作品一覧 

画像
 

アンデルセン公園大賞(最優秀作品賞)
「新緑と青空のコントラスト」  藤池 和子 様

ライム色の小枝が作品全体に散りばめられ、まさに新緑のイメージ。青空を表現したブルー系の花とのコントラストがよく、作品のテーマに合っていて、全体のハーモニーが美しい点が評価されました。 

画像
 

船橋市長賞
「夕陽のエール」  磯岡 由美子 様

赤いペチュニアが印象的で黄色やオレンジ色の花々とオージープランツ(オーストラリア原産の植物)を全体的に散りばめて、夕陽をイメージしている。明るく元気づけられる作品である点が評価されました。 

画像
 

日本ハンギングバスケット協会理事長賞
「赤い靴でShall we dance?」  田中 則子 様

赤色のさまざまな種類の花を上手に全体的に散りばめている。特にジャスミンの使い方がよく、躍動感があり、ダンスをしているようで、作品のテーマに合っている点が評価されました。 

画像
 

日本ハンギングバスケット協会千葉県支部賞
「花とお日さま」  仙海 貴美子 様

色や形の違う数種類のペチュニアの中に、ピンクのローダンセがアクセントとなって、可愛らしい雰囲気に仕上がっている。小花の使い方がとても上手で形よくまとまっている点が評価されました。 

画像
 

GAちば・花緑の会賞
「シフォンケーキのお店」  塚本 都世子 様

全体的に柔らかい色合いの植物を使っていて、思わず立ち寄りたくなるような美味しそうなシフォンケーキのお店のイメージ。優しい春のハーモニーを感じさせる点が評価されました。 

画像
 

審査員特別賞
「春風」  庭びより 志水 淳子 様

アンティークカラーのマリーゴールドの使い方が印象的で、色や形の違う数種類のカラーリーフをうまく合わせている。全体的によくまとまっていて、完成度の高い作品である点が評価されました。 

画像
 

優秀作品賞
「シャル・ウィ・ダンスに 魅せられて」  鈴木 和枝 様

テーマの通り、揺れるフクシアがダンスをしているようである。カリブラコアとオステオスペルマムとへーべのバランスがよく、フォルムも丸く整っていて、よく作り込まれている点が評価されました。 

画像
 

優秀作品賞
「光と影の中で」  藤野 浩 様

白い小花のユーフォルビアがアクセントとして効果的に使われている。数種類のカラーリーフを全体的に散りばめていて、全体の形もよく、色合いもシックにまとめられている点が評価されました。 

画像
 

優秀作品賞
「春がすみ」  松澤 智子 様

ペチュニアをメインに淡いピンク色の花々が春を、細く伸びるシルバー系のリーフが霞をイメージさせ、見る人を優しい気持ちにさせる、テーマにぴったりの春らしい作品である点が評価されました。 

ページトップボタン