Untitled Document
展示

常設展

休園日はこちら

子ども美術館の常設展では、作家によるアート作品をはじめ当館の所蔵品などを各所にて展示しております。館内を歩けば自然とアートに出会える空間が、みなさまのご来館をお待ちしております。

木彫のせかい

期間|2019年4月〜

場所:木のギャラリー(木のアトリエ内)

彫刻家|関口恵美(せきぐちえみ)

profile

素材である楠の丸太のねじれや反った形が子どもの立ち姿に見えたことから、子どもをモチーフに制作をしています。手が無い状態なのは、子どもの「言いたいのに言えない」気持ちを表しています。恥ずかしいのか、悲しいのか、怒っているのか、寂しいのか、上手く言葉にできない自分の本当の気持ちを隠すように、手もどこかに隠してしまうようです。子どものどこか遠くを見つめる儚い表情や佇まい、純粋な感情を形にできたらと思います。

展示内容

exhibitD1.jpg
exhibitD2.jpg
exhibitD3.jpg
exhibitD4.jpg
exhibitD5.jpg
exhibitD6.jpg
exhibitD7.jpg
PROFILE
  •  

    1988年 千葉県出身
    2007年 千葉県松戸高等学校芸術科 卒業
    2011年 東北芸術工科大学芸術学部美術科彫刻コース 卒業
    2013年 東北芸術工科大学大学院修士課程芸術文化専攻彫刻領域 修了

缶響アート「ピーターとニコラの世界」(仮称)

期間|2019年4月〜

場所:展示ギャラリー(アンデルセンスタジオ廊下/地下1階)

造形作家|津田のぼる(つだのぼる)

profile

缶響アートとは、制作における一貫したテーマであり、その意味は環境に配慮したアートを指しています。作品に生まれ変わる瞬間、空き缶と作り手の間で響き合いがあり「缶響アート」は生まれます。過去には、期間展示として「地中缶都市Metro CAN City」を子ども美術館で開催。その後、新たな素材としてペットボトルを用いた展示「White CAN City」を開催しました。環境への配慮「リサイクル&リユース」の精神のもと、その作品たちを生み出しています。

展示内容

exhibitA1.jpg
exhibitA2.jpg
exhibitA3.jpg
exhibitA4.jpg
exhibitA5.jpg
PROFILE
  •  

    1947年生まれ。東京造形大学 卒業、上越教育大学大学院 修了
    2007年 船橋市小学校校長退職、東京展運営委員、NPO法人カナダ・日本国際文化交流協会理事を兼任
    東京造形大学・毎日文化センター講師 など歴任

所蔵品の展示

期間|2019年4月〜

場所:展示ギャラリー(アンデルセンスタジオ廊下/地下1階)

1|早野コレクション

故・早野勝巳氏(平成10年1月没)は、H.C.アンデルセンにまつわる貴重なコレクションを、分散することなく保管することを強く望んでおりました。その意思のもと令夫人のご好意を得て、ふなばしアンデルセン公園はそのコレクションをまとめて所蔵することになりました。当館では、その中から一部を展示紹介いたします。

早野氏は、元・慶應義塾大学教授で、元・日本アンデルセン協会会長でもありました。故人は、約2年間(昭和50年〜)デンマーク王国のコペンハーゲンに留学されており、その際にアンデルセン研究家の鈴木徹郎氏と出会いました。帰国後、鈴木氏と共に日本アンデルセン協会の設立に参加したことを機に、H.C.アンデルセンの研究を本格的に行うようになりました。アンデルセンを取り巻く環境や時代背景など、様々な観点で捉えられた早野氏の研究はとても精力的で、北欧文学へも広がりを見ることができます。

2|イブ・スパング・オルセンの「アンデルセン童話」挿絵原画

当館所蔵の「アンデルセン童話」挿絵原画(53点)は、イブ・スパング・オルセンが「アンデルセン童話集・全4巻(福音館書店)」に載せた挿絵をもとに新たに描き下した作品で、その一部を定期的に入れ替えながら展示しています。

「アンデルセンは、現実の世界を実に正確に描写しています。ありありと目に浮かぶように物語にしています。私はデンマーク人のイラストレーターですから、アンデルセンの作品の背景になっているデンマークの風景や環境を描写し、その作品を通してアンデルセンの世界をより深く理解してほしいと願っています。」
話/イブ・スパング・オルセン

デンマークの絵本作家、挿絵画家。1921年、コペンハーゲンに生まれる。教職に就きながら、王立美術大学でグラフィック・アートを学ぶ。絵本のほか、TV番組制作、ポスターや陶器のデザインなど、活動の幅は広く、1972年度国際アンデルセン賞画家賞、1976年デンマーク優秀グラフィック・インダストリー賞など数々の賞を受賞している。2012年逝去。

展示内容

exhibitB1.jpg
exhibitB2.jpg
exhibitC1.jpg