展示

第10回アンデルセン公園きりがみ展

期間|3月17日(日)〜5月6日(休)

場所|展示室1・2

休園日はこちら

「第10回アンデルセン公園きりがみコンクール」入賞作品の展示をはじめ、これまでの入賞作品やデンマークの子どもたちの作品など切り紙の魅力、楽しさをたっぷり紹介します。

きりがみワークショップ|WORKSHOP

江戸の『紋切りあそび』アンデルセンと出会う

日程|3月17日(日)

紙を折って、切って、開く。日本の伝統的なかたちを作る『紋切りあそび』。江戸時代の寺子屋でも遊ばれた切り紙がアンデルセンの切り紙と出会って踊りだします。さて、どんな物語が生まれるのでしょう?

時間:13:30~15:30
場所:子ども美術館 談話室
講師:下中菜穂(造形作家・切り紙研究家)
定員:20人
費用:300円
対象:幼児以上(ハサミが使える人)
   ※幼児は保護者同伴
申込:2月1日(金)から受付開始
   お申し込みはお電話で
   047-457-6661へ、
   お掛けください。
※定員に達したため、受付を終了いたしました。

profile
下中菜穂

千葉県生まれ。造形作家、もんきり研究家。東京造形大学講師。江戸時代の『紋きり遊び』を通して「かたち」に込められた祖先の暮らしぶりや精神を紹介。「文様を暮らしの中で楽しむ」文化、手仕事を現代に蘇らせるべく、出版やワークショップ、展覧会などで活動。中国の農村、東北の「きりこ」などもフィールドワークし、世界や日本の今も活きている切り紙の文化を研究。著書に『紋切り型』のシリーズ(エクスプランテ)、『こども文様ずかん』(平凡社)、『切り紙もんきり遊び かたちを贈る』(宝島社)など他多数。

きりがみコンクール
展示

アンデルセンと子ども美術館展 2023

 2023年1月28日〜2023年3月12日

子ども美術館所蔵のイブ・スパング・オルセンの水彩原画、ラース・ボーの銅版画、早野コレクション資料、アンデルセンの屏風(複製)などを展示し、多彩な芸術家だったH.C.アンデルセンの世界を多面的に紹介します。どうぞ、この機会にアンデルセンの知られざる魅了を感じていただけると幸いです。