ページの先頭です
1

タイタンビカス

アメリカフヨウとモミジアオイの交配により作られた園芸種。大輪の花を咲かせるのが特徴。園内では花の城ゾーンなどで見られます。
2

ヒマワリ‘サンフィニティ’

北米原産の原種をもとに作られた園芸品種。小ぶりな花を多数咲かせ、開花期が長いのが特徴。園内では花迷路やイベントドーム前などで見られます。
3

マンデビラ‘サンパラソル’

メキシコからアルゼンチン原産の木本性蔓植物。園内には赤、ピンク、白の花色が植えられ、南ゲートや四季の庭、であいの泉など各所で見られます。
4

ペチュニア‘花衣 藍染’

中南米原産のいくつかの原種をもとに作られた園芸品種。藍色で八重咲きの花をつける新品種。園内ではコミュニティーセンター前などで見られます。
5

アンスリウム
 

熱帯アメリカ、西インド諸島原産の原種をもとに作られた園芸種。葉の一種「仏炎苞」が色着くのが特徴。園内では北ゲート近くで見られます。
6

ニチニチソウ
 

熱帯地方原産の亜低木。園芸上は一年草。写真はダークがかった花色が特徴的な園芸品種‘タトゥー’。園内ではイベント広場ほか各所で見られます。
7

インパチェンス
‘バウンス’ 

ニューギニアと熱帯アフリカ原産の原種をもとに作られた園芸品種。園内には白、桃、赤、紫などの花色が植えられ、であいの泉など各所で見られます。
8

ヒマワリ
‘サンビリーバブル’ 

北米原産の原種をもとに作られた園芸品種。茶色がかった小輪花を多数咲かせ、開花期が長いのが特徴。園内では風車前芝生広場などで見られます。
9

カンナ 

熱帯アメリカ原産の球根植物。日本では暖地で屋外越冬可能。園内には黄、赤、オレンジなどの花色があり、花の城ゾーンやみんなの広場などで見られます。
10

ハイビスカス 

熱帯地方原産のいくつかの種とこれらをもとに作られた園芸品種の総称。多くは1つの花が1日でしぼむ1日花。園内ではにじの池前などで見られます。
11

ランタナ 

中南米原産の多年草。寒さに弱いため、暖地のみで越冬可能。園内には黄、橙、白などの花色が植えられ、花の城ゾーンへの橋などで見られます。
見どころマップ
このページを印刷する

ページトップボタン