ページの先頭です
1

タイタンビカス

アメリカフヨウとモミジアオイの交配により作られた園芸種。大輪の一日花を咲かせるのが特徴。園内では花の城ゾーンや北ゲートなどで見られます。
2

ヒマワリ
‘サンビリーバブル’ 

北米原産の原種をもとに作られた園芸品種。茶色がかった小輪花を多数咲かせ、開花期が長いのが特徴。園内では風車前芝生広場などで見られます。
3

サンパチェンス
 

熱帯アフリカやアジア原産の原種をもとに作られた園芸種。大型の花と草型が特徴。園内の品種は‘ラベンダースプラッシュ’で、風車前などで見られます。
4

ベゴニア‘ワッパー’ 
 

ブラジル原産の多年草。大型の草丈と花が特徴。園内には赤、桃の花色が植えられ、イベント広場や花の城ゾーンなど、各所で見られます。
5

ベゴニア
 

ブラジル原産の原種をもとに作られた園芸種。写真の品種は八重咲きの‘グリーンダブレット’。園内では北ゲート~であいの泉などで見られます。
6

クレオメ 
 

熱帯アメリカ原産の一年草。夏の間に涼しげに咲く白やピンク色の花が特徴。園内ではメルヘンの丘ゾーンから花の城ゾーンへの橋の袂などで見られます。
7

アンスリウム   
  

熱帯アメリカ、西インド諸島原産の原種をもとに作られた園芸種。葉の一種「仏炎苞」が色着くのが特徴。園内では北ゲート近くで見られます。
8

ヒマワリ
‘サンフィニティ’   

北米原産の原種をもとに作られた園芸品種。小ぶりな花を多数咲かせ、開花期が長いのが特徴。園内では花迷路やイベントドーム前などで見られます。
9

コリウス 
 

熱帯、亜熱帯地方原産の一年草。葉を観賞するカラーリーフの定番。園内には黄緑、赤などの葉色があり、イベントドーム前など各所で見られます。
10

ヒマワリ
‘サンタスティック’  

北米原産の一年草。園内で主に植えている草丈の低い品種。写真は花弁に茶色い筋が入る‘ファイヤー’。園内ではイベント広場など各所で見られます。
11

マンデビラ
 

メキシコからアルゼンチン原産の木本性蔓植物。園内には赤、桃、白、黄の花色が植えられ、北・西各入園ゲートやキッズガーデンなどで見られます。
見どころマップ
このページを印刷する

ページトップボタン