タニウツギ

スイカズラ科 / 落葉低木 / 北海道、本州原産

開花時期は4〜5月。初夏に枝垂れるようにピンク色の花をつける。「ウツギ」の名がつくが、「卯の花」の名で知られる本来のウツギはユキノシタ科の植物で全くの別物。しなやかにしなる樹形が特徴で、石積みの上に植えるなどして、高低差を利用すると持ち味を生かせる。

 育て方ワンポイント

日当たりを好む。成長は比較的速いが、放任しても2メートル程度で、樹形も収まりやすいため、一般家庭でも育てやすい。できるだけ自然樹形で育てたい樹種なため、剪定する場合は花後に、混んだ枝や、伸びすぎた枝、古くなった枝などを付け根から間引くように剪定すると良い。なお、強く剪定する場合は冬季に行ったほうが無難。

育て方や開花時期などはすべて船橋周辺(関東南部)を基準にしています。


樹木の見頃カレンダー 一覧

花を楽しむ木
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
タニウツギ                                                

観察することのできる公園

「珍」は市内の公園で見られるちょっと珍しい樹木「薦」は一般家庭でも育てやすいおすすめの樹木です。
公園名 アン 海浜 小室 高才 高根 北習 薬円 田喜 御滝 法典 天沼 若松
    タニウツギ                

公園の所在地・地図
検索に戻る

Copyright 2005 財)船橋公園協会. All Rights Reserved. すべてのページ内の文章・画像の無断転載を禁じます。