ダンボール彫刻!アンデルセンと動物たち
   
 

 

 
場所:展示室1・2
※最終日は15時まで
休館日

 
      
  企画展ワークショップ
「ダンボールでお面を作って、
    アンデルセン『裸の王様』の世界に!」

 
 

本濃研太独自のダンボール彫刻手法を伝授してハサミやボンドを使いダンボールで形を作り、絵の具で色を塗ってお面を作ります。作ったお面は“裸の王様”の展示室に王様を見守る民衆役として一緒に展示します。

 
    日程:9月6日(日)、13日(日)
※13日(日)は、定員に達したため
  受付を終了いたしました。
時間:10:30~14:30 *お昼休憩1時間
場所:談話室
定員:各30人
費用:300円
対象:幼児以上 

   ※小学3年生以下は保護者同伴

申込:8月1日(土)から
    子ども美術館にて予約受付

備考:作品は子ども美術館に
    展示させていただくため
    後日お渡しとなります。
    【作品引取期間】
    平成27年11月1日(日)
      ~平成28年1月31日(日)

<お問い合わせ>
子ども美術館(事務室)
電話:047-457-6661

      
     
      
   
本濃研太(ほんのうげんた)  
1978年北海道出身 神奈川県在住

2003年よりダンボールで成形しアクリル絵の具で着彩した繊細かつ大雑把な”ダンボール彫刻”を中心に活動。個展やグループ展での発表のほか演劇、音楽、ファッション、雑貨などとのコラボレーションも行っている。
2012年には宮城県の古民家を再生した「風の沢ミュージアム」にて半年間、自身最大規模の展覧会を開催、また、調布市せんがわ劇場にて公演された、劇団「風煉ダンス」の「ゲシュタル島崩壊記」の舞台美術を担当。
2013年に神奈川芸術劇場にて公演された”渋さ知らズ大オーケストラ『天幕渋さ船~龍轍MANDALA~』”、2014年に青山円形芸場で公演された白崎映美と東北オールスターズの「東北6県ろーるショ―」に美術として参加した。