第6回アンデルセン公園きりがみ展
   
     
 
   
     
 
 
期間:平成27年3月8日(日)〜4月5日(日)
時間:9:30〜16:00
休館日
場所:子ども美術館(2F/展示室1・2)
内容
第1次審査を通過した作品をはじめ、デンマークの子どもたちの作品、作家の切り紙作品などを展示。 切り紙の魅力と楽しさをたっぷり楽しめます。
 
       
     
 
展示室1
第6回アンデルセン公園きりがみコンクール入賞作品を含む
第1次審査を通過した作品(1,202点)を展示します。

展示室2
姉妹都市オーデンセ市(デンマーク)の子どもたちの切り紙作品、
作家の作品などをご覧いただけます。
 
     
     
     
 
当日の様子は、こちら
第6回アンデルセン公園きりがみコンクール表彰式


デンマークより来賓を迎え表彰式を開催します。アンデルセン公園きりがみ大賞受賞者には、副賞として5泊7日のデンマーク旅行が贈呈されるほか、各賞受賞者には、賞状(楯)、賞品が贈呈されます。

日程:3/8(日)
時間:10:30〜12:00
場所:子ども美術館(2F/展示室1)
 
     
     
     
 
きりがみワークショップ
「いきものつくろう!チョキ折りアート」

デンマークに生息する動物などを
立体切り紙でつくります。

日程:3/8(日)
時間:13:30〜15:00
場所:子ども美術館 談話室
講師:立体切り紙作家 鍋嶋通弘
定員:20人
費用:300円
対象:幼児以上 ※幼児は保護者同伴
申込:2月1日(日)より電話(047-457-6661)で受付

 <お問い合わせ>
 子ども美術館(事務室)
 電話:047-457-6661
 
鍋嶋通弘(なべしまみちひろ)

1963年千葉県生まれ
子供の頃から生き物が大好きで、立体切り紙は中学生になってからはじめる。リアリティを求めつつ自分らしい表現の作品を目指し日々精進している。
2010年LaLaテラス南千住ワールドバザール(LaLaテラス南千住)/2011年みどりの講習会(柏の葉公園)/2012年クラフト展W−手仕事いろいろ−(成田書道美術館)むしの切り紙工作教室(ちよだプラットフォームスクウェア)